Sinkyone Creative

  1. TOP
  2. ケーススタディ
  3. 中央帽子 コーポレートサイト

Case study ケーススタディ

Case04

中央帽子 コーポレートサイト

※サイトの画像は弊社制作時のもので実際のページと異なる場合がございます。
  • CMS構築
  • UIUX設計
  • デザイン
  • マークアップ
  • マーケティング
  • 企画提案
  • 構成設計

クライアント様の課題

ブランディング戦略の位置づけとして、
幅広い提案をしてほしい。

コーポレートサイトのリニューアルにあたり、ビジュアル面から設計面まで、トータル的な提案をして欲しいとご要望いただきました。
新規獲得、顧客フォロー、採用など多岐にわたってコンテンツの見直しを図り、中央帽子様の信頼と伝統をさらなる強みと昇華させるブランディングを主目的として、サイト制作のご提案をさせていただきました。

わたしたちの答え

設計とビジュアルの両面から、
クライアント様の強みを訴求いたします。

設計面ではUI/UXとCMSでの構築を考慮するとともに、ビジュアル面で中央帽子様の歴史や職人の方の人柄などを伝えつつ、「中央帽子が出来ること」をユーザーに知ってもらうために、伝える最良の方法を探し出しました。
それをベースにクライアント様の強みを引き出し、心に響く表現を追求いたしました。

1.企画/設計

分かりやすさを重視しながらも、
2つの観点にフォーカスし
ぶれない軸をもとにした設計を行いました。

構成を検討する上で、”分かりやすさ”を重視しつつも、「他社との比較」「自社の魅力」という2つの観点にフォーカスすることで、最後までぶれない軸を持って設計させていただきました。
サイト上で中央帽子様の世界観を存分に感じ取っていただくために、回遊動線には配慮し、主要ページとそれ以外で切り分けています。

2.デザイン

撮影から携わることで、訴求すべきものを
最大限に生かしたデザインを実現。

撮影もお手伝いさせて頂き、伝統と信頼を訴求するサイトに仕上げることが出来たと感じています。
初稿の段階でご意向を伺い、その後のデザインはほとんどお任せいただきましたので、製造現場が映像として浮かぶようなデザインを演出し、サイト全体をまとめさせていただきました。

3.マークアップ

サイトの世界観をより充実させる
マークアップ観点での積極的な提案。

ページの内容が多く変更が入ること、コンテンツの更新をなるべくお客さま側で行いたいというご要望から、お知らせの投稿だけでなく、下層ページ内の会社情報の概要や沿革、求人情報など数多くのコンテンツエリアを更新可能なシステムで構築しました。
さらに、営業日のお知らせはGoogleカレンダーを採用し、CMS以外でも運用更新しやすいようにした上で、体裁を極力イトサイトに合わせられるようにしました。中央帽子様の世界観をマークアップ観点から支える事が出来たと感じています。

次に、スクロールアニメーションやパララックスを用いて、目を引きやすくユーザーを飽きさせにくい実装を行っています。アニメーションの動きや透過速度などはデザイナーと相談を重ね、調整を繰り返し気持ちの良い動きができたと思います。特に注力したところは「私たちが大切にしていること」のスライドアニメーションで、一般的な横に移動してくるものではなく、マスクの表現も取り入れた表示方法なので、こちらのページもご覧いただければ嬉しいです。

公開

今後の展開を見据え、1次フェーズ公開へ。

より効果的なサイトリニューアルを実現するため、フェーズを分けて進めていくことで、お客さまと私たちとの目的や足並みがそろい円滑な制作進行が出来ています。
2次フェーズも同じ軸をもって、最良の表現・方法を一緒に追い求めていきたいと思います。

Date
2018.10
URL
https://www.chuogroup.com/
Client
中央帽子株式会社様

クライアント様からの声

・リニューアルして改善された点
「日本製の製品を主力とする帽子製造メーカー」というコンセプトが、ユーザーに伝わりやすくなりました。CMSを適材適所に導入して頂いたため、更新や微調整などサイト運営管理の手間が大幅に減った点も非常に助かっています。わかりやすいフォームによりWEBサイトからのお問い合わせが以前に比べかなり増加しました。

・社内・周囲の評判など
社内外から、サイトデザインが大きく刷新され、「若返った印象を受ける」と高評価をいただいています。特に社内からは、写真も含めデザインが美しく、他の業務に転用させてほしいという声も多くもらっています。