Sinkyone Creative

  1. TOP
  2. 制作の流れ

Flow 制作の流れ

企画提案から制作
さらにその後の運用まで
一貫した対応をいたします。

お問い合わせ

お問い合わせフォームよりご連絡ください。
まずはメールでご要望をお伺いします。

お送りいただいた内容を元に詳細をお伺いさせていただきます。
お急ぎの場合はお電話でも承ります。

ヒアリング

制作進行が決定しましたら、お客様のご要望を詳しくお伺いするために、お打ち合わせさせていただきます。

直接お会いしてのお打ち合わせの他、遠方の場合などチャットツールを利用したビデオミーティングなども可能です。どのようなWebサイトにしたいかなどをお聞かせいただきます。

お見積り

ヒアリングさせていただいた内容を元に、制作にかかる費用を算出し、お見積りを提示させていただきます。

その際、ご予算をお聞かせいただければ、それを踏まえてご提案させていただくことも可能です。双方の合意が得られましたら、制作へと進ませていただきます。

企画・提案

競合他社、市場調査などを行い、Webサイトを通じてどのようなことができるか、どのようにユーザーをゴールまで導くかという道筋を考えご提案いたします。

同じような商材でも、クライアント様ごとに最適な伝え方は異なりますので、商品の特性やターゲット層などを踏まえてご提案いたします。必要であればすり合わせをさせていただきます。

構成・ワイヤーフレーム制作

ゴールまでの道筋ができたら、それを実現するために最適な構成案またはワイヤーフレームをご提案します。

Webサイトに掲載する情報を整理し、どのようにユーザーに情報を届けて、コンバージョンにつなげられるか、複合的な視点で設計を進めていきます。

デザイン

情報の整理ができたら、実際にデザインしていきます。 見た目のきれいさだけでなく、ユーザーにとって見やすく使いやすいか、想いを伝えることが出来るかということを考えてデザインしていきます。

心にフィットするデザインを心がけて、お客様に喜んでもらい、ユーザーにとって価値のあるデザインをご提供いたします。

コーディング

要件に沿ったデバイス環境にて、実際にWebサイトとして快適に閲覧できるよう、コーディング、テストアップ検証を行います。

ユーザビリティを意識するのはもちろん、表示スピードやSEO、Webデザインならではのアニメーションなども実装いたします。

公開・納品

内容に問題がなければ、いよいよWebサイトを公開します。お客様のサーバーにデータをアップロード公開し納品完了となります。

ご希望によっては、データをお渡しし、お客様の方でアップロードしていただくことも可能です。

運用・更新

Webサイトは公開して終わりではありません。 サイトを訪れる方を意識して、効果のあるPDCAを回していくことで、ユーザーにとって価値のあるサイトに共に育てていきたい考えています。

クライアント様のWebサイトがより良いものになるよう、サイトの運用をご支援させていただき、長期的なお付き合いを目指しています。

わたしたちは
人の心にフィットする
クリエイティブを
心がけています